「銀河英雄伝説」の感想【ネタバレなし】

漫画「銀河英雄伝説」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「銀河英雄伝説」の無料試し読みや立ち読み。「銀河英雄伝説」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


銀河英雄伝説
『銀河英雄伝説』の感想

 私はこのマンガの原作小説のファンで、アニメのDVDも所持しています。作品の連載が始まり、ヤングジャンプの公式サイトでこのマンガの試し読みをして、読むことに決めました。単行本の一巻の表紙には、この物語の主人公の一人であるラインハルトが描かれています。原作で「苛烈」「為人、戦いを嗜む」と評された彼が、まるで小説から抜け出してきたかのような姿に、私は「そうそう、ラインハルト様ってこんな感じ。さすが藤崎先生! 分かっていらっしゃる!」と思ったものです。

 銀河英雄伝説には、分厚い人名事典が作られたほど多数のキャラクターが登場するのですが、藤崎先生ならば、多くのキャラクターを魅力的に、そして原作のイメージを損なわずに描いてくれるはずだと信頼できます。原作でお気に入りだったキャラクターが、どのような形で登場するのか、個人的に期待しています。

 藤崎先生は今回のマンガ化にあたって、彼なりのアレンジやオリジナルエピソードを加えたり、キャラクターの掘り下げを行っています。例えば、原作でラインハルトを襲い、返り討ちにされたキャラクターは、ラインハルトの性格を気にいったものの、様々な事情からやむを得ずラインハルト襲撃に加わったキャラクターに変更されています(彼が辿る結末は原作の通りです)。銀河英雄伝説に限らず、メディアミックスの際に加えられたオリジナル要素が、物語やキャラクターが持っていた魅力を損っただけでなくストーリーの整合性まで破たんさせ、原作ファンを怒らせ、失望させてしまう例もありますが、藤崎先生が加えた要素は原作やキャラクターを引き立て、原作を読んだことのない人たちもストーリーに入り込めるように練りこまれています。

 原作のラインハルトはギャグやジョークには縁の遠い人間です。また、彼が所属する銀河帝国は、原作者の田中芳樹氏も「肩がこりそう」と言った質実剛健を気風とする場所です。そのため、原作ではジョークや漫才めいたやりとりは、主に帝国に敵対する自由惑星同盟に所属するキャラクターが行うものでした。しかしこのマンガのラインハルトは、その発言を友人にして部下でもあるキルヒアイスに突っ込まれたり、他人に酒を勧められ、照れたような顔で「未成年だから」と断るようなキャラクターです。原作で「半神的」とも書かれ、個人的に近づきがたいイメージのあった私の中のラインハルト像が、このマンガによってどのように変化していくか、とても楽しみです。



 漫画家 田中芳樹 が描く、面白い漫画『銀河英雄伝説』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『銀河英雄伝説』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『銀河英雄伝説』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『銀河英雄伝説』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『銀河英雄伝説』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: 週刊ヤングジャンプ
出版社: 集英社
ジャンル:
  • SF

おすすめ漫画!人気コミック!