「暗殺教室」の感想【ネタバレなし】

漫画「暗殺教室」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「暗殺教室」の無料試し読みや立ち読み。「暗殺教室」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


暗殺教室
『暗殺教室』の感想

 私が暗殺教室を読み始めたのはアニメの影響です。もともと人気がある作品だということは知っていましたが、アニメを見てその人気に納得しました。話は超生物である担任をおちこぼれ生徒が暗殺することを目的としています。これだけ見れば物騒なのですが、暗殺のターゲットである超生物こと『殺せんせー』は見た目がタコのようで危険にはまったく見えません。

 性格も教師としての能力は申し分ありませんが、せこかったり甘いものに目がなかったりと非常に人間味があって憎めないキャラクターとなっています。 暗殺をしなければならなくなったE組の生徒たちも一人ひとり焦点が当てられ、その背景が描かれていきます。おちこぼれの烙印を押された生徒たちが殺せんせーとの関わりを通して、どんどん成長していく様子も読んでいておもしろいです。

 また、メインとなるE組以外にも魅力的なキャラクターが多く登場します。E組の担任をすることになった政府関係者と殺せんせーを狙うハニートラップを得意とする殺し屋も、大人ならではの葛藤を抱えています。舞台となる学園長も、序盤はラスボスのような存在感でしたがだんだんと背景がわかるにつれて見方が変わっていきました。

 学園長の息子である生徒会長も、父親同様に成長していきました。物語終盤には出番がなく、最終回までこのまま出ないのかと思いきやちゃんと活躍の場が用意されていたことも嬉しいです。 キャラクターだけではなく、ストーリーもしっかりしています。意外なところに伏線が潜んでいたことがわかり、何度も読み直してしまいます。

 特にあまり目立たず、どちらかというとサポート役の『茅野カエデ』というキャラクターのお話はすごかったです。読者をいい意味で裏切ってくれました。殺せんせーの過去のお話も感動的でしたが、その分今までよりも生徒たちが葛藤することになります。

 連載を3月に終わらせたいという思いがあるせいか、終盤で少しテンポが悪くなる箇所もありました。しかし、それすら覆すようないい終わり方を迎えたと思います。暗殺教室にはいわゆるキャラクターブックも2冊発売されていますが、それを読むとよりキャラクターへの思い入れが強くなります。

 終わってしまいましたが、1話から完結まで作者が納得のいくように考えて描き切った作品だと思います。アニメ・実写映画もありますが、やはり一番おもしろいのは原作なので是非読んでいただきたいです。読めば、学生時代に殺せんせ私が暗殺教室を読み始めたのはアニメの影響です。もともと人気がある作品だということは知っていましたが、アニメを見てその人気に納得しました。

 話は超生物である担任をおちこぼれ生徒が暗殺することを目的としています。これだけ見れば物騒なのですが、暗殺のターゲットである超生物こと『殺せんせー』は見た目がタコのようで危険にはまったく見えません。性格も教師としての能力は申し分ありませんが、せこかったり甘いものに目がなかったりと非常に人間味があって憎めないキャラクターとなっています。

 暗殺をしなければならなくなったE組の生徒たちも一人ひとり焦点が当てられ、その背景が描かれていきます。おちこぼれの烙印を押された生徒たちが殺せんせーとの関わりを通して、どんどん成長していく様子も読んでいておもしろいです。

 また、メインとなるE組以外にも魅力的なキャラクターが多く登場します。E組の担任をすることになった政府関係者と殺せんせーを狙うハニートラップを得意とする殺し屋も、大人ならではの葛藤を抱えています。舞台となる学園長も、序盤はラスボスのような存在感でしたがだんだんと背景がわかるにつれて見方が変わっていきました。学園長の息子である生徒会長も、父親同様に成長していきました。物語終盤には出番がなく、最終回までこのまま出ないのかと思いきやちゃんと活躍の場が用意されていたことも嬉しいです。

 キャラクターだけではなく、ストーリーもしっかりしています。意外なところに伏線が潜んでいたことがわかり、何度も読み直してしまいます。特にあまり目立たず、どちらかというとサポート役の『茅野カエデ』というキャラクターのお話はすごかったです。読者をいい意味で裏切ってくれました。

 殺せんせーの過去のお話も感動的でしたが、その分今までよりも生徒たちが葛藤することになります。連載を3月に終わらせたいという思いがあるせいか、終盤で少しテンポが悪くなる箇所もありました。しかし、それすら覆すようないい終わり方を迎えたと思います。

 暗殺教室にはいわゆるキャラクターブックも2冊発売されていますが、それを読むとよりキャラクターへの思い入れが強くなります。終わってしまいましたが、1話から完結まで作者が納得のいくように考えて描き切った作品だと思います。

 アニメ・実写映画もありますが、やはり一番おもしろいのは原作なので是非読んでいただきたいです。読めば、学生時代に殺せんせーのような教師に教えてもらいたかったと思うのではないでしょうか。ーのような教師に教えてもらいたかったと思うのではないでしょうか。



 漫画家 松井優征 が描く、面白い漫画『暗殺教室』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『暗殺教室』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『暗殺教室』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『暗殺教室』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『暗殺教室』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: 週刊少年ジャンプ
出版社: 集英社
ジャンル:
  • このマンガがすごい!
  • ギャグ・コメディ
  • 学園もの

おすすめ漫画!人気コミック!