「ハイキュー!!」の感想【ネタバレなし】

漫画「ハイキュー!!」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「ハイキュー!!」の無料試し読みや立ち読み。「ハイキュー!!」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


ハイキュー!!
『ハイキュー!!』の感想

 ハイキュー!は、アニメ化もされており有名な作品ですが、何より個人的に私の地元、宮城県が漫画の舞台で、私自身も学生時代バレーをやっていたので、すごく興味が湧いて読むことにしました。実際、本当に舞台になった高校や体育館がきっちり描かれていて、ここ知ってる!っとついつい思い出してしまいました!

 小さい頃に見た春高バレーで小さくてもエースとして活躍する宮城県の代表の1人、通称「小さな巨人」を通してバレーボールに魅せられ、中学では部員がたった1人の男子バレー部に所属していた日向翔陽。部員がいない逆風にも負けず中学最初で最後の公式戦に臨んだ彼だったが、「コート上の王様」と異名のある天才選手・影山に惨敗してしまう。リベンジを誓い烏野高校バレー部に入部することからストーリーが開かれていく。

 はっきりいってこんな選手普通はいないだろうと思いました。彼らの武器は変人速攻なんですけどこんな速攻みたことないです。でも、なさそうでいながらありそうな少しリアリティがある部分があり、だから面白いんです!これを文章で説明してしまうと、読んだ時に感動がなくなってしまうので、そこは皆さんが見たときに確かめてみてください。

 スポ根漫画って大体、弱小チームが強豪になっていくというのが普通の流れですよね。でも、この漫画は、もともと強かったチームでしかも今もそこそこ強いチームってところから始まるんです!それもまたリアルっぽくて面白いですよね。翔陽達が入ることでみんなが刺激されていって、いろんな人の支えとかライバルの存在などがこのチームを強くしていくんです。

 そして、負けたチームのことも鮮明に描いてるところも良い点だと思います。負けたチームだって目標に向かって頑張っていて漫画では烏野が主役ですが、実際は体育館の全員が主役みたいなものですもんね。

 キャラクターも一人一人濃いと思います。スポ根で熱血な漫画ではあるものの茶番要素もたっぷりでクスッと笑ってしまうような、コメディアスなところもあります。個人的に翔陽と影山がボケて、月島が毒吐くみたいなのが一番好きです!他のチームの選手もチームごとにはっきり色があるというか、性格やプレースタイルもはっきり分かれていて、たくさんの登場人物が出てきますが、混乱したりすることはなかったです。

 バレーに全く興味がない方、バレーのルールがわからない方にも充分楽しめる作品だと思います。ストーリーの中でバレー初心者の顧問の先生が登場していろいろな質問や説明をするので、バレーのルールがわからない方も簡単に理解できると思います。私の兄はハイキューを見てバレーのルールも理解してきて楽しくなったらしく、普段私が試合観戦してるとすぐチャンネルを回したがるのに、この前は自分から男子バレーの代表戦を食い入るように見てました!

 これを読めば、バレーのルールはもちろん、諦めないこと、仲間の大切さなどいろんなものが、楽しめる素晴らしい作品だと思います。私は最初に5巻まで買ったのですがあまりに先が気になる展開だったので最新巻まで大人買いしてしまいました。是非読んでみてください!



 漫画家 古舘春一 が描く、面白い漫画『ハイキュー!!』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『ハイキュー!!』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『ハイキュー!!』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『ハイキュー!!』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『ハイキュー!!』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: 週刊少年ジャンプ
出版社: 集英社
ジャンル:
  • このマンガがすごい!
  • アニメ化
  • スポーツ

おすすめ漫画!人気コミック!