「To LOVEる―とらぶる―ダークネス」の感想【ネタバレなし】

漫画「To LOVEる―とらぶる―ダークネス」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「To LOVEる―とらぶる―ダークネス」の無料試し読みや立ち読み。「To LOVEる―とらぶる―ダークネス」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


To LOVEる―とらぶる―ダークネス
『To LOVEる―とらぶる―ダークネス』の感想

 ハーレムラブコメの王道ともいえる作品です。まずなんといっても女の子達がかわいく魅力的です。作者の矢吹先生の高い画力で描かれる女の子たちがとにかくかわいい。また一人一人のキャラクターが個性的で、なんといってもエロい!

 しかし不快なエロさが全くありません。矢吹先生が描く画力の高さも大きく関係しているとおもいます。大まかなストーリーは、デビルーク人(宇宙人)のララが地球に漂着し、そこで出会った主人公のリトに出会い恋に落ちます。またリトの周囲にいる女の子達がリトに惹かれ、それぞれの恋をコミカルに描くドタバタラブコメディです。

 本作ダークネスでは主にララの妹モモによる視点が多くなっています。リトの婚約者は姉であるララ。しかし自分自身も惹かれてしまったリトと合法的に?ずっとそばになるためにはどうすればいいか。そこで自らが考えたハーレム計画を成功させようとすべく奮闘します。

 その他にもリトと接する女の子達がリトの気を引こうと一生懸命アピールをしますが、なかなかうまくいきません。そこがもどかしく、愛おしく、読んでいて飽きません。また、本作の見どころはエロな要素や描写ですが、その洗練された画力や、シーンはもはや芸術です。

 主人公のリトはよく足などを滑らせて女の子たちの胸や股間に飛び込みます。そのラッキースケベな描写のバリエーションも多く、よく考えつくなと毎回感心させられるほど。そのリトの意図していない行動を喜ぶ女の子もいれば、わかっていても防げない女の子、それをみているのはうらやましい反面、ほほえましくもなります。

 また要所要所でバトルシーンがありますが、本当にラブコメ?と思ってしまうほど丁寧に描かれています。その理由は以前矢吹先生がジャンプにて「邪馬台幻想記」「BLACK CAT」などバトルものの漫画を描いていたことも関係していると思います。その書き込みぶりは、その2作を読んでいたひとにはまたバトル漫画を描いてほしいなと思ってしまうほどでしょう。

 またToLoveるには「BLACK CAT」にも登場していたキャラクターがアレンジされてでていたり、知っている人にはたまらない思わずニヤッとしてしまいます。エロとラブコメがうまく共存し、ToLoveるから入る人も、矢吹先生の他の漫画を読んだこともある人も楽しめるおすすめの作品です!



 漫画家 矢吹健太朗 が描く、面白い漫画『To LOVEる―とらぶる―ダークネス』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『To LOVEる―とらぶる―ダークネス』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『To LOVEる―とらぶる―ダークネス』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『To LOVEる―とらぶる―ダークネス』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『To LOVEる―とらぶる―ダークネス』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: ジャンプSQ.
出版社: 集英社
ジャンル:
  • アニメ化
  • ファンタジー
  • ラブコメ

おすすめ漫画!人気コミック!