「BLEACH」の感想【ネタバレなし】

漫画「BLEACH」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「BLEACH」の無料試し読みや立ち読み。「BLEACH」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


BLEACH
『BLEACH』の感想

 この作品はまずアニメからはまって、そこから漫画をそろえました。当時はこんなに続くとは思わず、bleach専用にしていた棚に入りきらなくなってしまいました。しかしもうすぐ終わると聞いてしまうと寂しいですね。

 この作品の魅力は設定がしっかりしていることと登場人物が多いことですね。登場人物に関しては好みが分かれるので非常に面白いです。友人が大好きだと言っていたキャラに全く覚えがなく、単行本を読み返したことがあります。どんなに細かくともキャラクター一人一人にストーリーが用意されており、読者としてはそれを読んで理解するのが大変な時がありますが、こんなに作りこまれているから一人一人キャラが立っているのだなあと思います。

 この物語の中で最も驚いたのは夜一さんについてでした。わたしはアニメを見てから原作を買ったので、アニメのイメージで読んでいました。それの何が問題かというと、皆でルキアを救出に行くとき夜一さんが猫モードだったんです。しかも声が男性(のように聞こえました)だったんです。名前も男の名前みたいだし、しゃべり方もおじいさんみたいだしということで猫又(オス)的な存在なのかな、と思っていました。

 ところが元の姿に戻ってびっくりです。夜一さんが美女なのですから。あの変化のシステムは今でも不思議です。原作でも明かされていないので、そこを掘り下げてくれたらな、と淡い期待を抱いています。

 bleachはすでに最終章に入っており、新たな敵としてクインシ―が登場します。彼らは白い洋装なので、黒い着物の死神と対照的に描かれていることが如実に表れています。敵はやはりさまざまな能力を持っていて、死神たちを苦しめます。

 そんな中一番生き生きしているのが涅マユリ隊長でした。クインシ―は死神たちにとって未知の部分が多いので、マユリ様大活躍です。そしてそのそばにいつも控えている娘のネム。この最終章では彼女の話もありました。今まで歪な部分だけ描かれていた彼らに関しての物語でした。お人形さんのようだったネムがこんなに成長して……とずっと読んできたわたしとしては嬉しい話でした。

 最終章に入って隊長さんたちの秘密や過去がどんどん明かされていくのが非常に読みごたえがあります。また週刊誌に掲載されているので単行本の発売が短い間隔なのもとても嬉しいです。次の巻では何が起こるのか、どんなことが明らかにされるのか、といつも楽しみに待っています。

 読み応えのある作品です。ぜひ読んでみてください。



 漫画家 久保帯人 が描く、面白い漫画『BLEACH』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『BLEACH』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『BLEACH』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『BLEACH』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『BLEACH』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: 週刊少年ジャンプ
出版社: 集英社
ジャンル:
  • アクション
  • アニメ化
  • 漫画賞受賞

おすすめ漫画!人気コミック!