「炎炎ノ消防隊」の感想【ネタバレなし】

漫画「炎炎ノ消防隊」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「炎炎ノ消防隊」の無料試し読みや立ち読み。「炎炎ノ消防隊」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


炎炎ノ消防隊
『炎炎ノ消防隊』の感想

 本作は現在マガジンで連載されているファンタジーバトル漫画です。

 こちらの作品は人気作品の「ソウルイーター」を描いた大久保篤先生の次回作になります。本作は原因不明の人体発火現象が発生し燃えた人間が暴れまわる「焔ビト」が現れる東京舞台です。そして、この世界の人間は普通の人類、第二世代、第三世代と分類されます。その違いは普通の人類と違い第二世代は炎を操ることができ、第三世代は自ら炎を発火させ、操ることだできます。

 舞台となる世界で暴れる焔ビトは洗礼をうけたシスターによって鎮魂することができます。そのため、焔ビトから一般の人を守るために結成されたのが軍、消防、教会で編成された計8隊からなる特殊消防隊です。

 主人公のシンラ・クサカベは特殊消防隊の第8隊に入隊することとなります。幼いころからヒーローに憧れていたが、突然の火事で母親と弟を亡くしてからはより一層ヒーローになるため特殊消防隊を目指すことになる。その能力は足から炎を放出することができる第三世代でその炎をもって空中を移動したり、蹴りの際に炎を噴射し威力を強化したりと応用力に富んだ能力の持ち主です。

 本作ではいろいろな能力を持つ第二世代、第三世代と焔ビトとの戦いだけでなく、特殊消防隊ないでの派閥同士の戦闘もあり、見ごたえがあるバトルが繰り広がります。なぜ、特殊消防隊内で戦闘があるのか、それは先に説明しましたが、軍、消防、教会で編成されており、表面上は市民を助けるため協力しているが、それぞれ、兵器の実験、人体発火の原因とそれを利用した経済への影響の研究などそれぞれの思惑がうごめいています。

 物語が進むにつれて人体発火現象が人為的に発生させられてる可能性があることを知り、第8隊は犯人の拘束を目的にすることになります。

 シンラにとって大事なことは焔ビトから人々を守ることはもちろんですが、焔ビト化が人為的に成された可能性が浮上した瞬間、自分の家族を殺した犯人が同一人物であると確信しますが。

 自分が犯人と名乗る男ジョーカーが現れ真相を知りたいのならほかの隊を調べてみたらいいと助言をされる。体発火現象を発生させている犯人が特殊消防隊の内部にいるかもしれないという可能性が浮上したため、シンラたちは各隊を調査することになり戦闘をすることとなります。



 漫画家 大久保篤 が描く、面白い漫画『炎炎ノ消防隊』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『炎炎ノ消防隊』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『炎炎ノ消防隊』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『炎炎ノ消防隊』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『炎炎ノ消防隊』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: 週刊少年マガジン
出版社: 講談社
ジャンル:
  • アクション

おすすめ漫画!人気コミック!