「ダイヤのA act2」の感想【ネタバレなし】

漫画「ダイヤのA act2」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「ダイヤのA act2」の無料試し読みや立ち読み。「ダイヤのA act2」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


ダイヤのA act2
『ダイヤのA act2』の感想

 今一番はまっているマンガです。この漫画は、長野県出身の沢村栄純という少年が東京の甲子園に出場している強豪、青道高校に行き、エースを目指す話です。彼らは寮生活を行い自分を高めあっています。この漫画に出てくる人物、特に主人公の沢村君の魅力にひかれて私は野球がとても好きになりました。

 今までは野球のルールも分からなかったのですが、今では野球のテレビの試合も見てしまうほどにルールが分かるようになりました。物語では、甲子園を目指す彼らのまっすぐな姿勢、自分だったら、こんなに頑張ってもレギュラーになれなかったり、2番手扱いされていたりしたら、とても精神が耐えられなかっただろうなと思う中、努力を続け少しずつ実を結んでいく少年たちの姿が本当に心に響きます。

 まるで親戚の子を応援しているような気持ちになります。野球のかけひきも多く描かれています。試合としての面白さも十分にあると思います。ピッチャーの配給の仕方や自分の強みをどう生かしていくのかなど試合そのものの流れも見ていて楽しいです。そして、最も話の核になるところは、主人公の沢村君が本当にエースになれるのかということです。

 チームにはもう一人、センバツでも注目されたピッチャー降谷君がいます。剛速球を投げ、力もあるのでほぼ先発で出場しています。このままだと、沢村君は完全にエースにはなれません。私もエースになれるのかなれないのかどぎまぎして見ています。沢村君も努力し、困難を乗り越え、球種も増やしているのですが、ライバルがもうエースとなっているので、今後どうなるのかなとすごく感じています。

 ただ、エース争いをしてその結果は分からないけれど、努力して最後まで青道にいて何かを掴んでほしいなと思います。沢村君は私の憧れでもあります。努力をし、監督にもアピールし、コミュニケーション力も高いです。たまに、元気すぎるときもありますが、私も見習わなくてはなと思わせられることばっかりです。

 この漫画を読んでいると、自分も結果がだめでも子供のころに、何かスポーツでも芸術でも何かを本気で頑張ればよかったなと感じます。そして、貪欲にしがみついてでも頑張って夢や希望をかなえたかったなと思っていたけど、できなかったなと思う若かりし頃の自分を思い出し、その理想を体現してくれている主人公を見ると、応援したくなってきます。

 でも、現実もあるだろうし、他のメンバーも努力しているので結果はどうなるか分からないけれど、他を蹴落として上に上るのではなく、同じフィールドの上でお互い万全の努力の上で、戦って希望を掴んでほしいなと思います。とても好きな漫画なのでぜひ読んでみてくださいね!



 漫画家 寺嶋裕二 が描く、面白い漫画『ダイヤのA act2』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『ダイヤのA act2』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『ダイヤのA act2』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『ダイヤのA act2』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『ダイヤのA act2』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: 週刊少年マガジン
出版社: 講談社
ジャンル:
  • スポーツ

おすすめ漫画!人気コミック!