「おおきく振りかぶって」の感想【ネタバレなし】

漫画「おおきく振りかぶって」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「おおきく振りかぶって」の無料試し読みや立ち読み。「おおきく振りかぶって」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


おおきく振りかぶって
『おおきく振りかぶって』の感想

 野球漫画は色々とあると思います。大体はピッチャーが主人公で豪速球なり変化球なり糸色と特徴あると思います。おおきく振りかぶっては地方に引っ越すことになった主人公三橋の物語になります。

 彼は中学ではピッチャーをしていましたが、周りからは実力がないにも関わらずエース番号をもらっていると思われていた。その理由は彼の祖父がその中学を経営していたため、そのため野球部の監督も気を使って三橋をピッチャーにしていたと考えていたからです。

 中学での野球は三橋に取っては良いものではなく、打たれても誰も声をかけてはくれないという孤独なマウンドでした。そんな環境から三橋は地方に引っ越すことになり、1年生しかいない野球部に入ることになりました。そこでは三橋のことを心配してくれる仲間もいれば、三橋の実力を認めてくれるキャッチャーもいた。

 そんな1年生しかいない野球部はどうやって勝ち抜き甲子園に行くのだろうか。それをサポートするのは野球部の女監督モモカンこと百枝まりあと選手のメンタル面をサポートするシガポこと志賀剛志。モモカンの理にかなった練習やシガポのピンチの時に平常心を取り戻す関連付けの練習などは現役のスポーツ選手だったらどのスポーツでも勉強になるのではないだろうか。

 他人から見たら恵まれた環境とは言い難い環境も三橋やほかの1年生にしてみたらものすごく恵まれているためか、選手みんなが楽しく野球ができているのを絵とストーリーから読み取れます。甲子園に行くためには選手、監督だけでなく、選手の父親、母親などいろんな人たちに支えられているのを学べます。

 三橋は新しく転入した高校でも三橋がエースをすることになりますが、そもそも三橋の能力はほかの野球漫画のピッチャーでは見られないものです。それは自己流で練習して手に入れた4種類の変化球と、まっすぐ飛ばないストレートです。これらは三橋が中学の時に周りから相手にされなかったため、自分で練習するしかなかった三橋だからこそ手に入った能力と言えます。さらに三橋はそれらの球種を9分割のコントロールを使いこなします。

 そんな三橋にとって何が一番ラッキーだったか考えると、急速がなくコントロールと4種類の球種をもつ三橋のキャッチャーになった阿部の存在が大きいといえます。三橋は過去のトラウマから嫌われることが嫌なため、阿部のいうことには絶対に逆らわないと決めているが、それが原因で打たれた時、阿部と三橋の間にできる信頼関係は親の目で見ているような気になるほどホッとします。



 漫画家 ひぐちアサ が描く、面白い漫画『おおきく振りかぶって』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『おおきく振りかぶって』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『おおきく振りかぶって』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『おおきく振りかぶって』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『おおきく振りかぶって』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: アフタヌーン
出版社: 講談社
ジャンル:
  • このマンガがすごい!
  • アニメ化
  • スポーツ
  • 漫画賞受賞

おすすめ漫画!人気コミック!