「エリアの騎士」の感想【ネタバレなし】

漫画「エリアの騎士」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「エリアの騎士」の無料試し読みや立ち読み。「エリアの騎士」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


エリアの騎士
『エリアの騎士』の感想

 エリアの騎士は週刊少年マガジンで現在も連載されているサッカー漫画です。この漫画の主人公逢沢駆はU-15に選ばれる天才サッカー選手の逢沢傑を兄に持ち、常に兄と比較されています、天才を兄に持つ駆はいつしか、プレーヤーとしての部活動よりもマネージャーとして部活に貢献しようと考え始めます。

 そんな弟を心配しつつも、その才能は兄から見ても異質のものを持っているのを確信できるほどの逸材であり、いつかサッカー選手として共にプレーできることを夢見ている。兄が弟と一緒にサッカーをしたいと願いながら引退が近づいたある日、久しぶりに兄弟水入らずで帰路に就いた時ふと兄が自分の夢を語る、共に日本代表のユニフォームを着て兄がミッドフィルダーで司令塔となり、弟はゴールを狙う騎士になるイメージをいつも想像していると弟に語った矢先、兄弟の確執はなくなった。そんな兄弟が和解した矢先に二人は交通事故にあう。

 病院で目覚めた駆は兄の傑はどこにいるのかと両親に聞いたとき、衝撃の事実を知る。交通事故にあったとき、弟は心臓を串刺しになり、兄は頭を強く打ち結果脳死となってしまった。兄の心臓は弟に移植され、結果的に駆は生き残ることができた。将来有望な兄の代わりに生き残ってしまった駆は兄のためにもサッカーを続けることとなり、高校に入学した。

 高校は以前、亡き傑が自分と同等の才能を持つ選手がいると聞き選ぶも、そこはサッカー部とサッカーチームとに別れていた。そんないざこざもありながら駆は2つのチームを一つにまとめることができ、結果仲間と共に国体を目指すことととなる。

 この漫画の見どころの一つとしてポイントになるのが、天才の兄の心臓が移植されたことです。駆は試合中、ピンチになったときや、体を打った時に意識が飛び、普段とは違うプレーをすることがあります。その間は駆はどちらかというと天才と言われた兄の動きで仕合のピンチを脱しますが、その間の記憶は駆にはありません。

 そんな現状をみて、カウンセラーをの医師は心臓を移植したときに、傑の記憶や意識も駆に移植されたのではと考えている。また、そのペースは試合を重ねるたびに短くなり、次第には駆の意識を乗っ取ろうとするのではと周りも心配する始末です。そんな異色なサッカー漫画ですが、駆の成長を見守り、青春要素もちゃんとあり読み応えのある漫画です。



 漫画家 伊賀大晃 が描く、面白い漫画『エリアの騎士』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『エリアの騎士』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『エリアの騎士』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『エリアの騎士』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『エリアの騎士』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: 週刊少年マガジン
出版社: 講談社
ジャンル:
  • アニメ化
  • スポーツ

おすすめ漫画!人気コミック!