「恋は雨上がりのように」の感想【ネタバレなし】

漫画「恋は雨上がりのように」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「恋は雨上がりのように」の無料試し読みや立ち読み。「恋は雨上がりのように」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


恋は雨上がりのように
『恋は雨上がりのように』の感想

 読む前にカバーのイラストを見て想像したのは女子高生の淡く爽やかな恋愛物語…書店やネットでも評判の注目度の高い作品でした。ありふれた恋愛マンガに加えられたスパイスは、28歳年上のおじさんに恋をすることでした。主人公の橘あきらはそれまで打ち込んでいた陸上を足のけがによりあきらめざるをえなくなり、静かな学校生活を送っていました。

 そんな中、始めたバイト先のファミレスの45歳の店長に恋をします。しかし店長は特別かっこいいわけではなく、どちらかといえば冴えない頼りない中年のおじさんです。見ればいつも従業員やお客さんにあやまってばかりです。主人公はあまり感情を表に出すタイプではなく常にあまり表情がありません。

 愛想のない主人公が店長の一挙一動にいちいち顔を赤らめたり、うれしがったりする様は読者の胸をじんわり温かくしてくれます。ちょっとした親子ほど年の差のある恋愛を描いたこの作品が決してドロドロせず、いやらしさを微塵も感じさせないのは主人公のまっすぐな気持ちと店長の人柄に誰もが惹かれるからだと思います。

 主人公は純粋に自分の気持ちを大事にし店長に思いを伝え、店長は主人公のことを思いやり適度な距離感を探しつつもそのまっすぐな気持ちそのものに感情を揺さぶられるこのバランスがとてもさわやかに描かれています。周りの登場人物も作品にとてもいい影響を与えています。バイト先の友達、同じクラスの主人公に思いを寄せる男の子、店長の友人など主人公や店長に関わる人物のことばが主人公や店長の気持ちをより明確にするために効果的に物語に登場しています。

 印象的なセリフが多く感じるのはこの作品がそもそもセリフの少ない作品だからでしょうか。風景のコマが多く、主人公の住んでいる街並みが読み手にすっと入っていき色や光の透け感などをとてもリアルに想像させます。作品がさわやかに感じる魅力のひとつです。

 決して叶いそうにない年齢差のある恋がこれだけ輝いてはかないものに感じさせるのは主人公と店長の純粋さと背景の絶妙な描写にほかなりません。そして恋のゆくえだけでなくそれぞれが抱える葛藤にも話は移ります。陸上部の仲間、親友との距離感をうまく消化できない主人公、小説家と文学へのあこがれに揺れ続ける店長の苦悩が物語により一層のはかなさと切なさを加えます。

 恋愛を軸にしながらも決してただの恋愛マンガを読んだ気にさせない、青春がこの作品からはあふれています。すがすがしい気分になること間違いなしです。



 漫画家 眉月じゅん が描く、面白い漫画『恋は雨上がりのように』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『恋は雨上がりのように』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『恋は雨上がりのように』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『恋は雨上がりのように』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『恋は雨上がりのように』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: ビッグコミックス
出版社: 小学館
ジャンル:
  • 恋愛

おすすめ漫画!人気コミック!