「DRAGON JAM」の感想【ネタバレなし】

漫画「DRAGON JAM」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「DRAGON JAM」の無料試し読みや立ち読み。「DRAGON JAM」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


DRAGON JAM
『DRAGON JAM』の感想

 Dragon Jamはいわゆる普通のバスケ漫画とは少し変わった作風のスピリッツで連載されている漫画です。

 主人公立花龍也は1巻目、いきなり高校受験に失敗し、気づいたら中卒プー太郎になってしまいます。そんな彼の特技は子供のころからいつもしていたストリートバスケでした。いつものように、自分のホームグラウンドで賭けバスケをしてましたが、名門バスケ高校のバスケ部員と勝負をすることになります。ストリートバスケ対ガチガチの部活バスケというある種異種格闘技戦みたいな勝負は読者の興味をそそるかと思います。

 龍也は今後の自分の人生について考え、どうしようと思ったときにふと思ったのが、ストリートバスケからプロを目指そう。という一風変わった思考にたどり着きます。結果自分のバスケットボールチームを作り、大会に出たりすることになります。

 そんな主人公龍也の選んだ道はある意味ほかの高校生がプロになるよりも難しい道かもしれません。

 例えば、普通にどの競技でもプロを目指す場合、部活に入り、インターハイなど全国大会に出場して自分をアピールすると思います。ただし、それはあくまで同じ高校生の中で頂点を決めるものですよね。そのあと、実業団にスカウトされなければ大学でもやるかもしれません。

 龍也が選んだストリートバスケというのは実際のところ年齢制限などはとくにありませんので、それこそ大学生もいれば社会人の人もいます。つい最近まで中学生だった龍也はそんな猛者相手に持ち前のクイックネスと創造力を武器に勝負していくのですが、もちろん挫折などもあります。そんな姿に読者はついついのめりこんでしまうのだと思います。

 またこの漫画にのめりこんでしまうもう一つの特徴としてはキャラクターがみんな濃いというところにあると思います。いい大人がなぜか本気を出すと時に目が星になったり、それぞれ普通のシュートや普通のドリブルなのになぜか必殺技名を付けたりなどと、少し中二病こじらせてるんじゃないか?というのが余計はまります。ましてやそれをしてるのは龍也たちのように中学生を卒業したばかりでなく、20代の社会人の人たちがなんの恥ずかしげもなくやっていることです。

 個人的にはトーナメントで龍也が苦戦しているときに、仲間が助けてやるかと言って行った行動が好きです。突然の大音量のエアギターです。これには観戦者みんなの目が奪われ、龍也のテンションが上がりなぜか強くなるという意味不明なシーンになぜか笑いが止まらなかったのを覚えています。



 漫画家 藤井五成 が描く、面白い漫画『DRAGON JAM』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『DRAGON JAM』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『DRAGON JAM』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『DRAGON JAM』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『DRAGON JAM』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: ビッグコミックス
出版社: 小学館
ジャンル:
  • スポーツ

おすすめ漫画!人気コミック!