「トニーたけざきのガンダム漫画」の感想【ネタバレなし】

漫画「トニーたけざきのガンダム漫画」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「トニーたけざきのガンダム漫画」の無料試し読みや立ち読み。「トニーたけざきのガンダム漫画」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


トニーたけざきのガンダム漫画
『トニーたけざきのガンダム漫画』の感想

 さて、日本人で観たことない人はいるかもしれませんが、知らない人は恐らく乳幼児を除いてほぼいないであろうガンダムシリーズ。本作はそのギャグ漫画です。

 トニーたけざき先生は本当にすごい。原作であるガンダム(本当に本当の最初のガンダム)のキャラクターデザインを担当された安彦良和先生の絵柄そっくりに描いていて、「本当に本人が描いたんじゃないの?」と思ってしまう完成度。実際、あとがき漫画では安彦先生にも「たまにアイツ(たけざき先生)の絵と自分の絵。どっちがどっちか分からなくなる」と言わしめています。

 そんな絵柄でキャラクターぶっ壊れたギャグをかましてくれるので、もうこれが笑えないはずがない。くれぐれも電車の中で読むのはやめてください。この笑いを堪えるのは無理です。

 「確かにこのシーンはそういうシーンだけどさあ!」というガンダムファン向けのネタから「いや、そんなシーンどこにもなかったから!」という初見の人でも突っ込んでしまうようなギャグまで盛りだくさんです。ものすごく丁寧な筆致で破天荒なギャグをやるので、「何でその努力をギャグに振り向けちゃったんだ」と言いたくなりますが、それがいい。

 アムロは自意識過剰な妄想混じりの思春期だし、ブライトさんはコマンドーかランボーになってるし、セイラさんはドSだし、フラウ・ボウもミライさんも何かキャラ崩壊してるし、シャアに至っては「元々こんなキャラだっけ……」と一瞬考え込んでしまうほどキャラが崩壊しているくせに「シャアらしい」感じ。つまりキャラクターを完璧に把握するほどの愛があるからこそ「そのキャラらしいギャグ」が出来ているんです。

 よくもまあここまでネタを考えつくなあという息をもつかせぬ連続攻撃。

 それでいてモビルスーツの絵とかは本当に丁寧に描き込まれているんですよ。これは確かに「ガンダム」で、全く作画も違和感がない。このままシリアスなシーンに登場させたら分からなくなります、絶対に。

 安彦先生手ずから描き上げたコミック「ガンダムORIGIN」と原稿を混ぜたら、プロの編集者でも判断出来なくなっちゃうんじゃないでしょうか。とにかく、「一流のプロ漫画家が、作画からネタまで本気の本気でギャグ漫画を描いた」結果がこれ。こうなるともう「丁寧に描かれたガンダム」ですらギャグに思えてくる傑作漫画です。



 漫画家 トニーたけざき が描く、面白い漫画『トニーたけざきのガンダム漫画』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『トニーたけざきのガンダム漫画』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『トニーたけざきのガンダム漫画』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『トニーたけざきのガンダム漫画』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『トニーたけざきのガンダム漫画』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: 角川コミックス・エース
出版社: KADOKAWA / 角川書店
ジャンル:
  • ギャグ・コメディ

おすすめ漫画!人気コミック!