「異世界居酒屋「のぶ」 」の感想【ネタバレなし】

漫画「異世界居酒屋「のぶ」 」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「異世界居酒屋「のぶ」 」の無料試し読みや立ち読み。「異世界居酒屋「のぶ」 」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


異世界居酒屋「のぶ」
『異世界居酒屋「のぶ」 』の感想

 一昔前、ネットの普及により「一億総評論家時代」と騒がれていましたが、今や「一億総表現者時代」とも言える時代になったでしょう。プロ仕様の機材が安価になったことで、音楽、絵、漫画、小説を問わず、アマチュアが自分の作品を自由に発表できるようになりました。そこから、プロへと育っていったケースも、決して少なくありません。この『異世界居酒屋「のぶ」』も、もともとはウェブで発表され、自由に読むことのできる小説でした。それが挿絵とともに書籍化されるだけでなく、コミカライズされたのが、本作です。

 あらすじは、「のぶ」という名の日本で営まれている居酒屋が、なぜかアイテーリアという外国の古都と繋がってしまい、その住人たちを相手に商売をする…というもの。なぜ「のぶ」が古都と繋がったのか…は、とりあえず明かされぬまま、中世と同程度の文化/文明レベルの古都のひとたちが、居酒屋のメニューに驚き、舌鼓を打つ様が描かれます。古都の人たちやものの名前から考えるに、ドイツに近い文化および言語圏のようなので、和食がすんなり受け入れられている様子には少し違和感がありますが、「うまいものは時代も国境も越える」ということで納得しましょう(笑)。

 同時に、料理にまつわる人間ドラマも豊かに盛り込まれています。昨今流行りの「飯テロ」ものであり、ファンタジーものでありつつも、根底にあるのは昔ながらの人情あふれる料理ものです。設定こそ突飛ながら、非常にオーソドックスな形態を取っている、ある種安心感を与えてくれる作品でもあります。

 基本的には原作の小説をそのままなぞっています。しかしガラスの扉やコップ、冷えた生ビール、刺身、冷酒、揚げもの…と、我々にはおなじみの居酒屋の料理が、昔の、それも外国の人にはどう映るのか…が、この漫画のひとつの肝です。文字だけの小説では描ききれなかった料理の詳細や、それを目にした人々の表情、味わったときの反応が事細かに、丁寧に描写されているので、原作を既に読んでいる人でも楽しめるはずです。月刊誌でじっくりと連載されており、単行本は現在二巻まで発行中。またこのほかにも、小説版の挿絵を担当したイラストレーターによるスピンオフ作品も存在します。こちらは原作者の書き下ろしストーリーを漫画化したものなので、ほかでは読めない内容。原作、本作、スピンオフにて、三つの味が楽しめる漫画です。



 漫画家 ヴァージニア二等兵 が描く、面白い漫画『異世界居酒屋「のぶ」 』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『異世界居酒屋「のぶ」 』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『異世界居酒屋「のぶ」 』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『異世界居酒屋「のぶ」 』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『異世界居酒屋「のぶ」 』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: 角川コミックス・エース
出版社: KADOKAWA / 角川書店
ジャンル:
  • ファンタジー

おすすめ漫画!人気コミック!