「34歳無職さん」の感想【ネタバレなし】

漫画「34歳無職さん」の感想です。ネタバレなしのマンガのレビューと、「34歳無職さん」の無料試し読みや立ち読み。「34歳無職さん」を電子書籍としてダウンロードするための情報を掲載しています。


34歳無職さん
『34歳無職さん』の感想

 この漫画のタイトルを見て手に取る人は、高確率で無職のような気がする。34歳無職。さんがついているだけ、まだ柔らかい感じだけど、社会的には結構アレな目で見られそうな肩書だ。かくいう僕も無職のときに読み始めた。絵から感じられるほど良い脱力感が、無職を否定も肯定もしない、無職のための漫画のような気がしたからだ。

 その読みどおり、この漫画は期待通りの無職の平凡な日常が語られている。大きな事件なんてそう起きない。舞台の大半は自室のアパートで、寝て起きて買い物にいって、たまに飲みに行く、くらいの移動範囲でしかない。引きこもりではないけど、活動的でもない、とても無職らしい無職の話だと思う。

 無職をゆるゆる満喫していたかと思えば、他人にいら立ちをぶつける姿もあって、人間なんて常に感情は一定じゃないよなぁと、わが身のことのように思えてくる。格好つける必要なんてない。なぜなら無職だから。

 単に無職というだけでなく、30代となって段々太ってくる有様だったり、女であることを捨てそうになったりと、34歳の無職が等身大に描かれている。そんな普通さが僕は気に入っている。熱烈なファンではないと思うのだけど、気づけば次巻を楽しみにしている。そんな感じだ。

『働かないふたり』のように腹抱えて笑えるのでもなく、『空の下屋根の中』のように前向きになれるわけでもないけど、無職ってこうだよねとなんとなく共感を持ってしまうのが今作の大きな魅力だと思う。

 ちょっと気になったのが、話が進むにつれて、主人公の過去が伺い知れてくるんだけど、実は子供がいたりして、無職の悩みというよりは、バツイチの悩みみたいのがあって、そこは喪男の僕にとってなんか違うなぁと思ってしまった部分がある。無職であるのも、本人が一年間無職でいようと決めたわけであり、本人のスペックが伺い知れないので、案外働こうと思ったらすぐに仕事が見つかるような優秀な人かもしれない。あれだ、「エニート」という奴か?

 34歳の無職だけど、喪女ではない、くらいの感じだろうか。こういう無職の人はより共感できると思う。

 あと、無職さんのアパート、壁が薄くて下の階のテレビの音が響いたり、バイクの音ががんがん聞こえるようだけど、良く寝られるよな! 僕より仕事ができそうなのに、僕より無職の才能ありそうだ。同じ無職でも色んな人がいる。無職になる理由も人それぞれ。そんな当たり前のことを感じながら、怠惰な気分で寝っ転がって読むのに最高の漫画です。



 漫画家 いけだたかし が描く、面白い漫画『34歳無職さん』を無料立ち読みしてダウンロードがおすすめです!

『34歳無職さん』の電子書籍【無料で試し読み】

マンガ『34歳無職さん』は無料でサンプルを読むことができますし、電子書籍ならすぐに全巻をダウンロードすることもできます。『34歳無職さん』の試し読み、立ち読みはこちらです♪

ダウンロード

漫画『34歳無職さん』の作者や出版社の情報

漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: コミックフラッパー
出版社: KADOKAWA / メディアファクトリー
ジャンル:
  • 社会派

おすすめ漫画!人気コミック!